【開催案内】第3回ReLinkセミナー

第3回『SOSを出せない子ども・若者たち~見えない当事者にどう支援を届けるか~』

講師:伊藤次郎(NPO法人OVA 代表理事)

第3回目は、NPO法人OVA代表理事の伊藤次郎氏をお招きし、『SOSを出せない子ども・若者たち~見えない当事者にどう支援を届けるか~』をテーマにお話をしていただきます。

年間の自殺者は2003年(34.427人)をピークに減少傾向にあり、2017年度は21,321人と報告されています。しかし、子ども・若者の自殺は減少しておりません。先日も報道されておりましたが、昨年度に自殺した子ども(小中高校生)は332人で、過去最多となりました。
自殺の要因は様々ですが、生きづらさを抱え、死を選択せざるを得ない状況にあった末に自殺をしています。
このセミナーを通して、どのようにすれば子ども・若者のSOSに気づくことができるのか、どのように手を差し伸べるのかをともに考える機会になればと思っています。
教育関係者のみならず、多くの方にご参加いただきたいと思っています。

【第3回開催案内】
日 時:11月23日(土)13:30~16:30 (開場13:00)
場 所:ラコパふくしま 5階会議室
定 員:約50名(事前申込:下記参照)
参加費:一般 :3,000 円(学生無料)、賛助会員無料(当日入会可能)
対 象:一般の方、大学・専門学校生、医療保健福祉関係者、教育関係者、行政関係者、その他の専門職者など、子ども・若者支援やこころの健康に関心のある方ならどなたでも参加可能

≪テーマ≫
SOSを出せない子ども・若者たち~見えない当事者にどう支援を届けるか~

≪講師≫
伊藤次郎(NPO法人OVA 代表理事)

≪講師から一言≫
SNS上には現実の世界でSOSを出せない子ども・若者たちの「死にたい」という言葉があふれています。どうして苦しい気持ちを抱えながらも助けを求められずに追い込まれていくのでしょうか。またどうすれば子ども・若者達たちのSOSをキャッチし、手を差し伸べる事ができるでしょうか。当日はSOSを出せなずに一人で悩んでいる子ども・若者たちに対し、私たちができることを一緒に考えます。

≪プロフィール≫
精神保健福祉士。学習院大学法学科卒業。2013年より子ども・若者自殺対策として検索連動広告を用いたインターネット相談を開始。厚生労働省の自殺総合対策の推進に関する有識者会議委員なども務める。

☆☆☆懇親会&フォローアップ研修☆☆☆
各セミナーの後、別会場にて懇親会&セミナー担当講師によるフォローアップ研修(17:30から2時間程度)を 開催いたします。食事をしながら、各講師からより具体的な実践や運営等に関するお話をしていただく予定です。
対象:すでに子ども・若者支援をされている方、これから支援活動をはじめようと思っている方
定員:約20名 参加費:3~4千円程
申込:セミナー申込みの際にお知らせください。
※懇親会&フォローアップ研修会のみの参加を希望される方は、下記の法人事務局までご連絡ください。
※予定を変更する場合もございます。あらかじめ御了承ください。

NPO法人 ReLink事務局 セミナー担当:佐藤・宮崎
Tel:090-4663-6129、もしくは 050-3550-1840
E-mail:relink.f@gmail.com

【申込方法】
・本ホームページのお問い合わせフォームに必要事項をご記入ください。
お問い合わせフォーム http://relinkf.com/contactus/

または、以下の方法でお申込みください。
・E-mailでのお申込み: relink005@gmail.com
件名:【第3回セミナー申込み】
本文:【氏名】【年齢(〇歳代)】【職業/学生・学年】【連絡先(E-mailまたは電話番号】【懇親会参加の有無】をご記入ください。

・FAXでのお申込み: 024-547-1844
任意の用紙に【第3回セミナー申込み】と記入
本文:【氏名】【年齢(〇歳代)】【職業/学生・学年】【連絡先(E-mailまたは電話番号】【懇親会参加の有無】をご記入ください。

※ お申込は、開催前日までとさせていただきます。
※ 各セミナーは、先着順とさせていただきます。定員になり次第、締切らせていただきますのでお早めにお申込みください。

主催:NPO法人ReLink
後援:福島市、福島県教育員会、福島県精神保健福祉センター、福島県社会福祉協議会、福島民放社、福島民友新聞社、福島リビング新聞社、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、NHK福島放送局、ラジオ福島、エフエム福島、エフエム・ポコ

^