【開催案内】第2回ReLinkセミナー

第2回『子どもの貧困・教育格差解消のための支援』

講師:今井悠介(公益社団法人チャンスフォーチルドレン代表理事)

 

第2回は、公益財団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事の今井悠介氏をお招きし、『子どもの貧困・教育格差解消のための支援~地域と連携した“スタディークーポン”の取り組み~』をテーマにお話していただきます。

チャンス・フォー・チルドレンは、家庭の経済格差による子どもの教育格差を解消し、貧困の世代間連鎖を断ち切ることを目的に設立され、経済的な困難を抱える子どもたちに塾や習い事、体験活動等で利用できる学校外教育バウチャー(クーポン)を提供しています。(貴法人のHPから引用)
東日本大震災後に被災地を中心に支援活動をされていましたが、現在では公益社団法人として全国各地で自治体と連携しながら支援活動を展開し、わが国の子どもの貧困対策の一翼を担っています。
本セミナーでは、法人の設立から代表を務め、子どもの貧困対策の最前線でご活躍されている代表理事の今井氏から、子どもの教育格差の実態、地域と連携した支援活動の実際についてお話ししていただく予定です。
福島でチャンス・フォー・チルドレンの活動、ならびに子どもの貧困対策のお話を今井氏から直接聴ける貴重な機会です。
ぜひご参加ください!!

【第2回開催案内】
日 時:9月28日(土)13:30~16:30 (開場13:00)
場 所:ラコパふくしま 会議室
定 員:約50名(事前申込:下記参照)
参加費:一般 :3,000 円(学生無料)
賛助会員無料(当日入会可能)
対 象:一般の方、大学・専門学校生、医療保健福祉関係者、教育関係者、行政関係者、その他の専門職者など、子ども・若者支援やこころの健康に関心のある方ならどなたでも参加可能

≪テーマ≫
子どもの貧困・教育格差解消のための支援~地域と連携したスタディークーポンの取り組み~

≪講師≫
今井 悠介(公益財団法人チャンス・フォー・チルドレン代表理事)

≪講師から一言≫
日本の子どもの7人に1人が相対的貧困状態にあり、所得格差による教育格差が生まれています。当法人は、公的な支援が行き届いていない子どもたちの「放課後」に焦点を当て、地域の教育事業者と連携し、塾や習い事で利用できるスタディークーポンを提供しています。また、大学生ボランティアが子どもたちの電話相談を行っています。本セミナーでは、子どもの教育格差の実態、地域の多様なセクターと連携したスタディークーポンの取り組みの事例についてお話します。

≪プロフィール≫
小学生のときに阪神・淡路大震災を経験。大学在学中、NPOで子どもの体験活動や不登校生徒の支援活動に従事。卒業後、公文教育研究会に入社し、子どもの学習指導に関わる。3.11を契機にチャンス・フォー・チルドレンを設立し、代表理事に就任。

☆☆☆懇親会&フォローアップ研修☆☆☆
各セミナーの後、別会場にて懇親会&セミナー担当講師によるフォローアップ研修(17:30から2時間程度)を開催いたします。食事をしながら、各講師からより具体的な実践や運営等に関するお話をしていただく予定です。
対象:すでに子ども・若者支援をされている方、これから支援活動をはじめようと思っている方
定員:約20名 参加費:4千円前後
申込:セミナー申込みの際にお知らせください。
※懇親会&フォローアップ研修会のみの参加を希望される方は、下記の法人事務局までご連絡ください。
※予定を変更する場合もございます。あらかじめ御了承ください。

NPO法人 ReLink事務局 セミナー担当:佐藤・宮崎
Tel:090-4663-6129、もしくは 050-3550-1840
E-mail:relink.f@gmail.com

【申込方法】
・本ホームページのお問い合わせフォームに必要事項をご記入ください。

お問い合わせフォーム http://relinkf.com/contactus/

または、以下の方法でお申込みください。

・E-mailでのお申込み: relink005@gmail.com
件名:【第2回セミナー申込み】
本文:【氏名】【年齢(〇歳代)】【職業/学生・学年】【連絡先(E-mailまたは電話番号】【懇親会参加の有無】をご記入ください。

・FAXでのお申込み: 024-547-1844
任意の用紙に【第1回セミナー申込み】と記入
本文:【氏名】【年齢(〇歳代)】【職業/学生・学年】【連絡先(E-mailまたは電話番号】【懇親会参加の有無】をご記入ください。

※ お申込は、開催前日までとさせていただきます。
※ 各セミナーは、先着順とさせていただきます。定員になり次第、締切らせていただきますのでお早めにお申込みください。

主催:NPO法人ReLink
後援:福島市、福島県教育員会、福島県精神保健福祉センター、福島県社会福祉協議会、福島民報社、
福島民友新聞社、福島リビング新聞社、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、NHK福島放送局、
ラジオ福島、ふくしまFM、FMポコ

^