【開催報告】第2回ReLinkセミナー

第2回『学校における自殺予防教育の進め方】

講師:阪中順子氏(加古川市教育委員会 学校支援カウンセラー)

本日、第2回目のReLinkセミナーを開催いたしました!
教員、養護教諭、臨床心理士、大学教員、議員、子ども支援に携わる方、一般の方、学生、その他など、30名を超える方々に御参加いただきました。

学校関係者以外の参加者も多いことから直前に内容を変更していただきましたが、思春期の子どもや生きづらさを感じている子どものこころの揺れ動き、自殺に至るまでの経緯と現状、背景などを、とてもわかりやすくご説明していただきました。また、様々なワークを通して沢山の気づきがあり、子どもの想いやかかわり方について、より理解が深まったように思います。

阪中先生の豊富な御経験と知識の基づいたお話はとても説得力があり、とても温かな雰囲気とユーモアも交えながらも、自殺について真剣に考えることができるとても充実した時間となりました。

今回は、子どもの自殺予防に関するお話ではありましたが、当団体のかけがえのない人を亡くされた方々への支援に共通する部分がほとんどでしたし、これらは対人支援の基本であることを改めて感じました。
参加された皆様、広報等でご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

次回のReLinkセミナーは11/11(日)に開始いたします。
講師は、宮城県を中心に教育現場でこころの健康教育を実践されている尚絅学院大学の内田知宏先生。『こころの健康教育を学校に届ける~メンタルヘルスリテラシーの現状~】をテーマにお話していただきます。
是非ご参加ください!!

 

^