【開催報告】第3回ReLinkセミナー

第3回『こころの健康教育を学校に届ける』

講師:内田知宏氏(尚絅学院大学人間心理学科 准教授)

本日、第3回目のReLinkセミナーを開催いたしました!
講師:内田知宏氏(尚絅学院大学人間心理学科)
テーマ:こころの健康教育を学校に届ける~メンタルヘルスリテラシー教育の進め方~

内田先生が、宮城県でこころの健康教育をはじめられた背景や、現在の子どもたちのこころの健康に関する様々な問題、実際の授業内容や実施例、子どもへの効果など、様々なお話を聴かせていただきました。
現在まで40校以上の小中高校で授業を実践されているとのことでしたが、学校関係者以外が学校内で授業をさせていただくことは簡単なことではありません。内田先生らは、毎回実施前に学校に直接伺って、学校側のニーズや生じている問題などの伺ってから授業内容を再検討するなど、一つ一つ丁寧に対応され、このような積み重ねが現在の活動につながっていると感じました。子どもを地域で支えていくためには、学校との連携も必要です。子どもの支援に携わる者同士が協同・連携してそれぞれの強みを活かした支援をすることが子どもにとってよりよい支援になることを教えていただきました。

また、実際の授業でも行っている価値観のグループワークでは、一人ひとりの価値観は異なること、それぞれにはきちんと理由があること、その理由を批判したり、評価したりせずにありのままに受け入れていくことの大切さを体験させていただきました。
内田先生は『子ども自身が気づくこと』の重要性を何度かお話されていましたが、今回のセミナーを通して、子どもの力を信じること、我々支援者が与えるのではなく、子ども自身が気づき、自身のこころに丁寧に触れ、安心して対処できる安全な環境を整えていくことの大切さを再認識することができました。

参加された皆様、広報等でご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

次回のReLinkセミナーは12/1(土)に開催いたします!
本年度のReLinkセミナーの最終回です(^^)
講師は、NPO法人OVA代表理事の伊藤次郎氏です。テーマは、『「声なき声」をうけとめられる地域へ~どうすればSOSに気づき、手を差し伸べられるか~』。
現在の若者たちのSOSをどのようにキャッチして、どのように支援につなげていくのかを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
是非ご参加ください!!

^