【開催報告】第4回ReLinkセミナー

第3回『声なき声を受け止められる地域へ』

講師:伊藤次郎氏(NPO法人OVA代表理事)

本日、第4回目のReLinkセミナーを開催いたしました!

講師:伊藤次郎氏( NPO法人OVA 代表理事)

テーマ:声なき声を受け止められる地域へ~どうすればSOSに気づき、手を差し伸べられるか~

伊藤先生が「若者の自殺者が多いかつ減らない現状」という問題を知ったことをきっかけに、1人で始めた活動であること。
どうしたら「死にたい」と苦しんでいる若者と出会えるのかを考え、3日後には行動に移していたこと。
今では国を巻き込む大きなプロジェクトとして、新規的な取り組み(SNSを使った相談)を団体として行っていること。
「死にたい」と思う人が、100%死にたいのではない。「死にたい」と「生きたい」の両価性の中で苦しんでいる。
申請主義(申請することでサービスが受けられること)の今の行政システムでは、「助けて」とも言えないくらい苦しい状況の人はサービスは受けられない。

支援が本当に必要な人に、支援を届けられない現状
社会の偏見(弱い人間が自殺するとか)が、「助けて」と言えなくしている。
支援臭が支援の受け手を遠ざける。などなど。
最後のワークでは、ReLinkチームも本気で我々の活動について考えました。他のチームも、ぞれぞれでクリエイティブな方法を考えていました!
伊藤さんのデザインを用いた説明は本当にわかりやすく、例え話もわかりやすくて、そして、重いテーマを重いままにしないのも聞きやすく、多くの方にフィットするお話だったのではないでしょうか。
もっともっと伊藤さんの話をお聞きしたい。
そんな2時間でした。

今回、日程等で参加できないからまた開催してほしいというお問い合わせも沢山ありましたので、伊藤先生にはまた福島でお話ししていただきたいと思っています!
また、今年度のReLinkセミナーは託児の準備が整いませんでしたので、来年度のセミナーでは託児も準備し、より多くの方に参加いただけるよう準備を進めてまいりたいと思っております。

伊藤先生、
お忙しい中ご参加いただきました参加者の皆さん、
ありがとうございました。

宮﨑

 

 

 

^